FC2ブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ここで一旦札幌をはさみます  

興奮の種牡馬見学を終え、札幌に着いたのは夕方でした。

さすがに人が多いですね!

今夜の宿は札幌駅から少し遠いので地下鉄に乗り換えます。

あ、そうそう。札幌の地下鉄はとてもワイルドでした。

車両の窓がむちゃくちゃ開いてるんですね。

おかげで中吊り広告が引きちぎられそうなくらいの強風が車内に吹き荒れてました。

なるほどこれが天然のクーラーというやつですね。



さて、最寄り駅に着いたのでここからさらに少し歩きます。

本日の宿は「ゲストハウス やすべえ」さん。

内装がずいぶんきれいだと思ったら、まだオープンして1年経っていないとのことでした。どうりで!

とりあえずチェックインして荷物を置きます。

隣のベッドにはオーストラリアから一人旅で来た女の子がいました。

日本食が好きで、日本に旅行に来てくれたそうです。

北海道なんて特にうまいもんだらけだからね!存分に楽しんでってください!


この宿ほんと外国の方が多くて、ラウンジに下りていくとそこにも2人いらっしゃいました。

一人は仕事で日本に来ているイタリア人で、もう一人はイギリス人の旅行者。

このブリティッシュメン、キャメロン君はどうやらここをチェックアウトしてからの次の宿が見つからないらしく、

PCを前にすっかり頭抱えちゃってました。頑張れ。笑


そしてこの日私は札幌在住の友人と夜ご飯を食べに行ったのですが、

夜中に帰ってきてドアを開けたところ、たまたま部屋から出てきたキャメロン君と会いました。

「あら、グッドイーブニング。」
「あ!えっと・・・オカエリナサイ!」(キャメロン君は少し日本語ができます。)
「ありがとー。あ、そういえばDid you find any room?」
「...No...」


Oh...


どうなるキャメロン君!続く!



===旅情報===
◎宿
「ゲストハウス やすべえ」
1階はカフェ兼ラウンジとキッチンシャワートイレ洗面所。
2階は客室。男女別ドミトリー1泊3,000円。
ドミトリーとはいえ、ベッドにカーテンは付いてるわ枕元にコンセントはあるわ読書灯はあるわ
足元にハンガーラックはあるわベッドの下には鍵付き収納まである至れり尽くせりの仰天快適空間。

オーナーの河合さんもスタッフさんも気さくで超いい人。
スポンサーサイト

Posted on 2015/06/15 Mon. 18:08 [edit]

category: 北海道編-2014年7月-

tb: --   cm: 0

種牡馬見学感想  

前記事で割愛した見学感想です。



牧柵の向こうから連れてこられる姿が見えた瞬間からもうドキドキが止まりませんでした。

IMG_0694_s.jpg
あぁーっ、かっこいい!相変わらずかっこいい!


本日もなんときれいな黒光り


ああもう一句詠んでしまうくらい素敵です。


IMG_0703_s.jpg
アブを後肢で払う姿さえ素敵です。


DSCN4396_s.jpg
名前入り頭絡とか付けちゃってもうすっかり社台管理下ですね。
リードロープはあごの下じゃなくて顔の両横を通すんですね。へぇー。

というかこんな頭絡が見える程の距離で見れるなんてまじで感激です。

ちなみに私がエイシンフラッシュを生で見たのは

現役最後の勝利になってしまった毎日王冠の現地観戦と、その年に中山で行われた引退式の2回。

当然ながらそのどちらよりも間近で見れました。

しかもこれだけの至近距離でそこそこの人数がいるにも関わらず、それに全く動じていないとはさすがです。

現役時代から競走馬の割にとても落ち着いていて、なんというかこう、本当に賢さを感じる馬でしたが、

その印象は種牡馬になってさらに強くなりました。

悟りきってるというか余裕かましてるというか。

実際はどうなのか是非とも厩務員さんに聞いてみたいものです。



いやしかしまぁとにかく元気そうで本当に良かったです。

種付けも予定数満了だそうで。

種牡馬生活頑張って下さい。まだまだ応援してますよ!





で、

続いては我らがディープインパクト。

近代競馬の結晶と謳われたその馬は、あっけないくらい普通の馬でした

DSCN4416__s.jpg
でも額の印と左前脚以外が白いのはやっぱりディープインパクト。

年を重ねたとはいえ体はそれほど大きくはなく、加えてとても大人しかったです。

これが逆に、3冠馬でありG1最多勝利数タイでありリーディングサイアーの余裕なのでしょうか。

引退してもう何年も経つというのに、未だにレースで名前を聞かないときはないし、孫が活躍する日も近そうです。

そんな偉大な馬なのに全然偉大さを感じさせない、なんとも不思議な馬でした。

DSCN4413_s.jpg
この穏やかな顔である。まるで仏。


どちらも展示時間は約5分間と決して長くは無かったですが、馬の負担を考えれば特に不満はありません。

しかもこれ全部無料ですからね。

とても価値のある大切な馬を、こうして一般に公開してくれるってすごいことだと思います。

予約制でもないので、見学客はどんな人が何人来るか分かりません。

馬に何かがあってからでは遅く、リスクは高いでしょう。

それでもあえてこういうことをしてくれるのは、関係者とファンがお互いを信頼しているからだと思います。



競馬に関わる人たちの関係が今後もこうして良好に続きますように。




では、良い感じにまとまったので次へ行きます!

馬巡り旅-北海道編-まだまだ続くよ。



===おまけ===

IMG_0684_s.jpg
社台SSのグッズショップに飾ってあったポスター。かっこよすぎて鼻血出るかと思った・・・!


Posted on 2015/06/11 Thu. 23:12 [edit]

category: 北海道編-2014年7月-

tb: --   cm: 0

しょっぱなからクライマックス  

旅に出る直前までのカス生活がたたってまだ朝がツラいですおはようございます!

今日は朝9時にゲストハウスをチェックアウトし、バックパックを背負ったまま歩いてレンタカー屋さんへ。

予定通り9時半に車を借り、社台SSを目指します。

それにしてもまぁカーナビっつーのは賢いですね。

ナビにおんぶにだっこで10時半頃、無事到着。

エイシンフラッシュの展示までまだあと30分くらいあるので、見学場所併設のグッズショップで時間を潰します。

売っているグッズは昨日のNHPとほぼ同じ内容。

お土産コーナーの横には休憩スペースがあり、その一角にはトウカイテイオーへのメッセージ帳が。

少し読ませてもらったんですが、トウカイテイオーの有馬記念を見てガチ泣きした仲間がいっぱいいて心温まりました。


さて、11時5分前。おぉぉドキドキしてきた。

屋外の見学場所へ出ると、すでに人が集まってました。

そして。

特にアナウンスもなく、おもむろに牧柵の向こうから1頭の馬が。

IMG_0696_s.jpg
・・・(*´Д`)!!


あの、ちょっとここの感想思った以上に膨れ上がりそうなので別記事に分けます。



さて、北海道上陸後わずか3日目にして最大の山場を終えたわけですが。

実はこの日の午後にはもう一回、あの名馬の展示が予定されておりました。

その名もディープインパクト

いやぁこれも見ないわけにはいかないですね。

北海道は休むひまを与えてくれません。



少しドライブしたりして時間を潰し、午後1時少し前に再び社台SSへ戻ってきました。

北海道は交通量が少ない上に道も広くて非常にペーパードライバー向けですね。

ただし、一般道を時速80㎞超で走る道民たちには恐れおののきました。



そして。

先ほどと同じように、何の前振りもなく急にお出ましになりました。

IMG_0729_s.jpg
・・・(*´Д`)!!


はい。ここの感想も別記事に分けます。




ということで。

興奮冷めやらぬままレンタカーを返した私は、今夜の宿泊地である札幌へ向かったのでした。

そうです。ようやく初札幌でございます!



===旅情報===

◎種牡馬見学地
「社台スタリオンステーション」
ノーザンホースパークから車で20分ほど。
基本は牧柵内に放牧されている馬たちを自由に眺めることができます。
ただし夏場は馬の負担を考えて放牧をせず、展示という形で見学させてくれるらしいです。
私が行ったときはまさにその展示期間で、5分という短い時間ではありましたが、
かなり間近で見ることができて良かったです。
放牧・展示される馬はHPやテレフォンサービスで知ることができます。
今回のように急遽変更されたりするので、事前に確認しておいた方がいいかも。

◎美味しいもの
「レストラン みやもと」
カマンベールチーズソフトクリームが美味しいと友人に教えてもらったお店。
本当にカマンベールの香りがします。うまし!
私は車で行きましたが、JR早来駅からも近いはず。


Posted on 2015/06/10 Wed. 16:22 [edit]

category: 北海道編-2014年7月-

tb: --   cm: 0

社台グループの強大さに驚く  

おはようございます。

いやぁくそニートにとって8時起床はだいぶツライです(*´▽`*)

朝ごはんはコンビニで買って適当にそこらへんで食べました。

ツナマヨのおにぎり買ったら「おにぎりあたためますか?」って聞かれました。

おぉ、北海道!



それはさておき。



空港からノーザンホースパーク行きの無料バスが出ているので、新千歳空港に向かいます。

所要時間はだいたい15分くらい。

入り口についたらバスの中で入場券を買います。



で、だ。




バスを降りたらそこからはもう興奮しっぱなしですね、ええはい!

元競走馬が何頭かいるのは知ってたんですが、

その他にもポニー、クオーターホース、半血種、クライスデール、輓馬などそりゃもう多種多様の馬がいました。

こんなにいろんな種類の馬を一度に見れるとは、さすが社台グループのお膝元。

IMG_0596_s.jpg
ポニー可愛すぎ

IMG_0639_s.jpg
綺麗な月毛クオーターホースさん。後ろ姿ですいません

IMG_0625_s.jpg
あっ、ど、どうもお邪魔してます!

IMG_0669_s.jpg
ディープインパクトのお母さんウインドインハーヘアもこの距離!!

私の熱量に比例して写真がどんどんデカいですねすいません。



園内にはお土産屋さんもあり、社台ファーム生産馬のグッズがこれでもかと売っておりました。

とりあえずエイシンフラッシュのポストカードだけ購入。というかフラッシュそれしか無かった( ;∀;)


そういえばここでグッズを物色していたとき、

ツアー旅行の行程で立ち寄ったというおばちゃんに話しかけられ、

中学生だと思われるという信じがたい事件が勃発しました。

まじか・・・まじなのか・・・もう25なのだが。


さて、存分にNHPを堪能したので行きと同じシャトルバスで空港に戻り、空港で遅めのお昼ご飯を頂きます。

そして頼んだ海鮮丼が来るのを待ちがてら社台スタリオンステーションのHPをチェックしたところ、またも事件は起こりました。
(※社台スタリオンステーション…引退した有名競走馬を一般人が見学できる社台グループの素敵スポット。)

見学可能馬が急きょ変更されていたのです。

そしてその変更後のリストにはまさかの

“エイシンフラッシュ”の文字が!!!

輝いている!フラッシュの名前が輝いている!!フラッシュだけに!!

何この変更!?何このタイミング!?完全に私向けではないか!!!


ということで注文したどんぶりを光の速さで完食したあとは(とても美味しかったです!)急遽レンタカー探し。

実は、社台SSは公共の交通機関ではアクセスが非常に悪く、

もともと私の中での「絶対行きたいスポット候補」には入ってなかったんです。

一人でレンタカーを借りるのは出費が痛く、一人旅では公共交通機関をフル活用するのが私のスタイルなので。

しかしもうそんなこと関係ありません。

予算オーバーだろうが私がペーパードライバーであろうが関係ありません。




翌日の予定を考えて、千歳駅近くのレンタカー屋さんで借りることにしました。

ハイシーズンでしかもすでに前日夕方だったにも関わらず、翌朝から借りれる車があって本当良かったです。
(最悪借りれなかった場合は一番近い鉄道の駅から5㎞でも10㎞でも歩いてやろうと思ってました。)



さぁさぁ明日は種牡馬エイシンフラッシュのご尊顔を拝みますよ!


===旅情報===
◎馬スポット
「ノーザンホースパーク」
新千歳空港から車で15分くらい。空港から無料のシャトルバスが出てます。
入園料500円。
放牧場や厩舎はだいたい自由に見学できます。引き馬は900円。高っ!
また、園内にはレンタサイクルやテニス、アーチェリー、パークゴルフなどのアクティビティもあり。
ホースギャラリーにはノーザンファーム所有馬の記念品が展示されています。
私が行ったときはオルフェーヴルの三冠レースゆかりの品が大きく展示されてました。

◎レンタカー
「ワンズレンタカー 新千歳空港店」
JR千歳駅から歩いて15分くらいのところにあります。確か店-空港間の送迎あり。
他の大手レンタカー会社より割と安いと思います。
すいません、自分が借りたときの値段は忘れちゃいました。。

◎食事
空港内の店舗にて(店忘れた・・・。)
IMG_0677_s.jpg
光の速さで完食したどんぶり。
私、頭おかしいくらい魚介類好きなので今回の旅は舌も幸せです。

Posted on 2015/06/09 Tue. 23:57 [edit]

category: 北海道編-2014年7月-

tb: --   cm: 0

試される大地、上陸  

与那国島旅行から2か月後の7月。



馬好き、競馬好きとして、一度は行かねばと思っていました。

そう!

やってきました北海道!!



航空券が安く簡単に取れる時代に(略)

今回の旅の目的はもうとにかく馬に会うことです。

あとできたら乗馬もしたい!



昼すぎに関空を出発して、新千歳に着いたのは夕方。

とりあえず初日は新千歳空港からほど近い、千歳駅の近くに宿を取りました。

なぜ札幌まで出ないのかってそりゃもちろん明日は「ノーザンホースパーク」に日がな一日いる予定だからです。

ということでこの日は一人回転寿司で夕食を済ませ、さっさと就寝。

実は前日の夜しこたま飲んで終電で帰ってきてそこからパッキングしたため寝不足だったなんてとても言えない。



さぁ明日は馬の動物園、ノーザンホースパークへ行くよ!

ディープインパクトのお母さんとかいるらしいよ!


===旅情報===
◎航空券
関空→新千歳7,920円(ジェットスター)

◎宿
「ゲストハウス 風のうた」
一軒家の2階が客室。1階にはオーナーさんたちが住んでるのかな。
キッチンは無いけど部屋もシャワーもトイレもとってもきれいで使いやすいです。
ドミトリ-は2人用と6人用の二部屋でどっちも1泊3,200円。

このあといろいろ泊まってみて分かったけど北海道のゲストハウスは全体的に高かった・・・。

Posted on 2015/06/05 Fri. 15:36 [edit]

category: 北海道編-2014年7月-

tb: --   cm: 0

与那国旅情報(追加)  

馬のこと書きすぎて旅情報いろいろ抜けてたんで追記です。


◎航空券
那覇→新石垣4400円(スカイマーク)
※2014年5月の時点では毎日運航してましたが、民事再生手続き中の今は運休してるかもしれないです。頑張れスカイマーク!

新石垣⇔与那国14,800円(RAC)
往復割引でこの価格です。ちなみに飛行時間約30分。高い!

☆与那国島へは石垣島からフェリーも週2便出てます。
片道3,550円で4時間くらいかかります。
あと、通称「ゲロ船」と呼ばれるほど揺れます。

新石垣→羽田22,500円(スカイマーク)
日付ずらせなかったので、高くなっちゃいました。

◎食事
「モイストロールカフェ」
オーナーさんが一人でやっている小さなレストランです。
離島とは思えないおしゃれ感。
お店の名前にもなっているモイストロールケーキめっちゃ美味しいです。
スポンジがすごくしっとりしてて、中のクリームもあっさりめ。
生クリームが苦手であまりケーキは食べない私でも軽くいけちゃいました。
IMG_0490_s.jpg
今日のランチは長命草とトマトのパスタ。

IMG_0491_s.jpg
味はハニーとチョコレートの2種類。

「カレーとのみもの ユキさんち」
カレーライス屋さんです。内装外装すべて手作りのお店。
値段はちょっと高めですが味は間違いないです。
長命草ドリンクは青汁得意な人におすすめ!
私は苦手でした。笑


ちなみに、離島なので全体的に物価は高いです、あしからず。笑


Posted on 2015/06/05 Fri. 13:42 [edit]

category: 与那国編-2014年5月-

tb: --   cm: 0

私の競馬歴とエイシンフラッシュ  

突然ですが、次の北海道編へのつなぎとして私の競馬歴について少し書きたいと思います。

でも完全に、誰が興味あんねん!な自己満足記事なのでスルーOKです。



私が競馬にハマったのは今から約3年前の社会人1年目。

近くに競馬好きな人がいて、その人と一緒に見るようになったのがきっかけでした。

当時住んでいたところから一番近かった川崎競馬場で初めて競走馬を見て、その迫力に感動しました。

襲歩って間近で見ることあんまり無いですからね。

で、中央競馬を追いかけ始めたのはその年の9月。

私にとっての競馬元年となったこの年の秋は、今思えばかなり贅沢な年だったと思います。

ジェンティルドンナの3冠。

ゴールドシップの菊花賞。

オルフェーヴルの凱旋門賞。

前年3冠馬と当年3冠牝馬の叩き合いで決着したジャパンカップ。



そんな中でも私が一気に競馬に魅せられたきっかけとなったのが、2012年天皇賞(秋)。

そして私に競馬を教えてくれた人が推していたのがその馬。

エイシンフラッシュでした。

直線に入ったところから、瞬きも許さず食い入るように見入ったのを覚えています。

内からスルスルと抜けてくる真っ黒の馬体。

人間にも感じたことのない衝撃でした。

うん、まさに一目惚れ。笑

でもこの天皇賞はそれだけで終わらなかったんですね。

ミルコが下馬して、観覧に来ていた天皇陛下に跪いたシーン、覚えている方も多いと思います。

私はここで完全にやられました。どうも、ミーハーです。



と、まぁこっからはもう早かったです。

あっという間に競馬の魅力に取りつかれ、私に競馬を教えてくれた人をも凌ぐ勢いで知識を吸収しました。

仕事の知識は1年経ってもちっとも増えないのに、競馬の知識やデータはスルスルと頭に入る不思議。





私にはもう、後にも先にも、エイシンフラッシュより好きな馬は出てこないと思います。

それくらい私はエイシンフラッシュが好きです。

引退しても、その産駒を応援できるっていうのは競馬の魅力の一つですね。

期待してるからね、お父さん!
エイシンフラッシュ_s


Posted on 2015/06/04 Thu. 00:33 [edit]

category: 競馬

tb: --   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。